押さえておきたい!最新映像サービストレンド


nettv

多くの人が楽しめる「共通」の話題といえば、映画やテレビ番組ですよね。しかし、皆が同じ映像コンテンツを楽しむ時代はもう終わりなのかもしれません。この記事では、映像サービスのトレンドや、人気の定額制映像配信サービス・インターネットテレビ局の特徴を紹介します。

 

12個のボタンが付いたテレビリモコンはもう過去のもの?

日本で皆が楽しむ映像コンテンツと言えば、長らく映画館とテレビがメインでした。「私は○○チャンネルが好き!」なんて会話を楽しんだ経験が、誰にでもあるのでないでしょうか。しかし、インターネットでの動画視聴が盛んになるにつれ、皆が同じ番組をテレビで見る時代は大きな変化を迎えています。

YouTubeのような無料の動画サイトだけでなく、定額制の有料動画配信サービスの人気が高まってきています。少し前までは「レンタルショップに行く手間が省ける」程度の存在でしたが、各社が映画に負けないクオリティのドラマを作成・配信したり、オリジナル番組が地上波より面白いと話題になったりと、新しい映像メディアの担い手としての頭角をぐんぐんと現しています。

 

各社も、独自色を打ち出すためにオリジナル作品に非常に力を入れています。例えば、業界最大手のNetflix社は、オリジナルコンテンツ制作にグローバルベースで60億ドル※1もの金額を投資しています。ゴールデン・グローブ賞の受賞経験がある女優などの豪華キャストが揃い、権威あるエミー賞を受賞するなど、従来の映画や地上波のドラマとの差はほとんどなくなってきています。

どの企業も、日本の地上波のテレビ局よりはるかに多くのチャンネルや番組を持ち、その多くを自分の好きな場所・時間に楽しむことができます。12個のボタンがついたお馴染みのテレビリモコンが懐かしのアイテムになるのも、そう遠くはないかもしれませんね。

 

それでは、映像配信サービスやインターネットテレビ局各社の特徴をチェックしてみましょう。

 

1.アメリカNo.1のリーディングカンパニー。Netflix

2015年9月に日本に上陸した、全世界で8,000万人以上※2が視聴するオンライン動画配信サービスの世界最大手です。海外ドラマの新作・旧作が楽しめるのはもちろん、オリジナルコンテンツが非常に高い人気を得ています。日本で人気となった小説「火花」をオリジナルドラマ化し、世界に配信したのが話題になりましたね。

 

2.インターネット通販最大手も映像配信業界へ。amazonプライム

その名の通り、インターネット通販最大手のAmazonが提供する動画配信サービスです。有料会員の「Amazonプライム」に加入することで、見放題に指定された動画を楽しむことができます。Amazonプライム会員になると、Amazonでのお買い物の際に色々な特典があるので、Amazonで普段からお買い物する人におすすめです。映画・アニメの配信だけでなく、オリジナル作品にも力を入れており、日本のコメディアンを起用した日本向けのコンテンツも揃っています。

 

3.日本発の新しい形のテレビ局。AbemaTV

最後は、上記の動画配信サービスとは異なる日本発のメディアを紹介します。「AbemaTV」は、Amebaブログでお馴染みの、株式会社サイバーエージェントとテレビ朝日によって設立されたインターネットテレビです。地上波放送と同じく番組表があり、リアルタイム限定配信(一部作品は再視聴可能)を行っています。登録もログインも不要なので、手軽に全26チャンネル※2を楽しむことができます。ネット放送ならではのコメント機能もあり、まさに次世代のテレビ局です。

 

変わる放送コンテンツの楽しみ方と、映像広告の未来

いかがでしたか?インターネットの放送コンテンツが、新しい映像の楽しみ方として盛り上がっているのを感じていただけでしょうか。

NHKの調査※3によると、この5年でテレビを毎日見る人の割合は8割を切り,視聴時間も減少しています。それとは対照的に,インターネット動画を視聴する人は34%から50%へ増え,若年層では8割弱の人が週一回以上動画を視聴するようになっています。

インターネットの放送コンテンツが普及し、その質が上がるにつれ、少しずつ動画ファンがTVからインターネットに流れ始めています。与えられたコンテンツを楽しむ受動的なものから、多くの選択肢の中から自分好みのコンテンツを選びとる能動的なものへと、視聴スタイルの変化は今後より加速していくでしょう。

 

このような変化の結果、テレビなどのマスメディアを使った従来の広告では、狙い通りのターゲットにメッセージを届けることが難しくなってきています。年齢・性別などのユーザーの属性に合わせた広告展開が可能なweb(動画)広告は、今後その重要度をより増していくのではないでしょうか。

 


お問い合わせはこちら

CONTACT


Ad Arch株式会社とは

映像制作×広告プロデュース会社です。映像制作の第一線で活躍するスタッフがこだわりを持って映像/動画を制作し、感性だけではなく、WEB広告展開による動画展開データに裏付けされた最善の映像コンテンツをご提供いたします。

 

会社概要

社名   :Ad Arch株式会社(読み:アドアーチ)
本社   :東京都港区南青山2-15-5 FARO1階
代表者  :代表取締役 白川裕喜
設立   :2016年1月
事業内容 :映像制作・動画マーケティング事業

 

お問い合わせ先

Tel :  0120-727-460
Fax : 03-6869-8264
Mail : info@adarch.co.jp