【御礼】Ad Archは7期目を迎えました。


アドアーチ株式会社、代表取締役の白川です。

弊社は本日、2022年1月8日より7期目を迎えました。

 

2020年頃から始まった世界的な新型コロナ拡大の影響を受け、動画/映像コンテンツは需要拡大と共に変化が続いています。

企業におけるオンライン上でのPRが重要となる中で、動画/映像コンテンツの発信力は簡単にも見える反面、我々プロにおいてもより難易度が上がっています。

 

「ただコンテンツを作る」だけではなく「根拠/理由を持って企画・制作をする」、そして「成功確率高く、結果を残していく」ことがより重要となっている今だからこそ、弊社が貢献できることも増加傾向にあると感じています。今期はよりコロナ禍における変革を目指す企業様を中心に、より社会貢献に繋げる意識を持ち、事業に取り組んでまいります。

 

 

弊社では、プロジェクト全体の90%以上が、広告代理店を中心とした第三者機関を介さない、クライアント様と弊社間の直接取引となっています。

これらは、企画段階からご支持・ご理解頂き、信頼のもとプロモーション全体をお任せ頂いたクライアントの皆さまのお力添えあっての結果だと考えています。

弊社としても、直接取引によりクライアント担当者様のご意見をストレートに取り入れながら、結果を求めた動画・その他クリエイティブ制作に取り組める点が大きな強みとなっています。

 

年々、Webを中心に動画プロモーション環境が大きく変動しています。

本年は弊社としても、新しいサービス・チャレンジを試みる年として位置付けており、良い意味でのサプライズをお届けしたいと考えています。

 

 

7期目もどうぞ宜しくお願い致します。

 

Ad Arch株式会社

代表取締役 白川 裕喜