現実世界よりリアルかも?プロによる国内外の4K動画


頻繁に目にするようになった「4K」という言葉。iPhoneでも4K動画の撮影が可能になるなど、その技術は身近なものになってきています。

いったいどこまで高画質化が進んでいくのでしょうか?この記事では、進化する画質と、変わらない私たちの視力の関係や、国内外のプロによる美しい4K動画を紹介しています。

 

4K、8K、16K・・・もう実物と映像が変わらない?

こちらの記事では、4Kで撮影するメリット・デメリットや、4Kとは何かということをご紹介しました。今回の記事では、少し視点を変えて、画質と私たちの「目」の関係について考えてみたいと思います。美しい映像を撮影する技術が向上しても、私たちの視力は大昔から変わりないか、もしくは悪くなっています。画質と、人の見る力にはどんな関係があるのでしょうか?

 

テレビやスマホなどの画面は、色・形・明るさなどを表す小さなコマ=ピクセルが集まってできています。1インチの中にこのピクセルが多いほど、高解像度となり、この「1インチに何ピクセルあるか」を示す単位が「ppi」です。

 

では、人間は一体何ピクセルまでを一つ一つの点として認識できるのでしょうか?諸説ありますが、450ppi±50pp程度※1で、これを超えるとドットの粗さは見えなくなると言われています。iPhone 7 Plusの解像度は401ppiなので、ほぼ人間の能力と同程度です。ということは、スマートホン程度のサイズであれば、これ以上解像度が上がっても、あまり効果はないのかもしれません。

それでは、4K、8Kといった高画質はもう必要がないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません!これから高画質の動画が生きてくるのは、家庭用テレビ、屋外広告用のデジタルサイネージなどの大型画面です。

 

最近は家庭用テレビも一昔前と比べて大型のものが人気になっていますし、屋外広告では、デジタルサイネージが急速に広まっています。大型スクリーンで放映する映像に関しては、まだまだ高画質化を追求する余地は十分にあります。それでは、早速プロによる4K動画をチェックしてみましょう!

 

1.氷、雪、磁気・・・厳しくて美しいアイスランドの冬の嵐。

ロサンゼルスをベースに活躍するカメラマンが撮影によるこちらの動画は、アイスランドの冬の嵐を映し出したものです。、極寒の地アイスランドの嵐は、日本のそれとは一味違い、雪、氷、オーロラなど厳しくも美しいさまざまな表情を見せてくれます。

 

暗闇の中で輝くオーロラや星たち、きらめく氷の美しさは、4K動画ならではのものですね。まるでその場で見ているかのような圧倒的な映像に脱帽です。

 

 

2.美しい夏の日の想い出。大宰府天満宮

余分なテロップやナレーションはなく、美しい映像のみで福岡の太宰府天満宮の夏のシーンを映し出した動画です。その映像やカメラワークの素晴らしさに、日本のみならず海外からも多くのコメントが寄せられています。

 

苔むした瓦のザラザラとした質感や、飛び散る水しぶきの透明感などは、4K動画でなければ表現できないものですね。観光スポットや自然の美しさの紹介に4K動画はぴったりです。

 

 

3.海外からも大人気。視聴回数900万回超の東北の秋

900万回以上(2017年4月時点)という視聴回数を誇るこちらの映像は、海外に向けて東北の四季を紹介するサイト、「TOHOKU JAPAN」の動画です。

字幕をONにすると撮影したロケーションが分かるようになっていますが、テロップやナレーションはなく、表面的には積極的なアピール文言がありません。

これには映像の画力を優先し、気になった人にのみ詳細情報を伝える戦略があります。

コメント欄を見てみると世界各国からその内容を絶賛する発言が相次いでおり、行ってみたい!という人も。4K動画の美しさは、言葉の壁を超えて東北の魅力を伝えているようです。

 

 

4.美しすぎる花の開花のタイムラプス動画

14ヶ月もの撮影期間と、40,000枚もの画像によって制作された花の開花の様子を収めた、タイムラプス動画(数秒に1コマずつ撮影した写真を繋げて作成した、コマ送りのような動画)です。こちらを撮影したのは、スペインをベースに活動している写真家です。

 

似たような内容の動画は、おそらく誰もが理科の時間のビデオなどで見たことがあるかもしれませんが、やはり4K動画は迫力が違います。あまりのリアルさに、花というよりは、何だか別の生き物のように見えてきませんか?

 

 

大迫力の4K映像をビジネスに活用しよう

プロが撮影した4K動画はいかがでしたか?どれも息を飲むほどの美しさでしたね。テレビやWeb動画だけでなく、屋外広告など、4K動画がその魅力を発揮する場面は数多くあります。

4Kを活かせる環境、フルHDで十分な環境どちらもありますが、弊社ではお客様の会社・製品の魅力を最大限に活かした動画制作を行っております。ぜひ一度お問合せください。

 

 


お問い合わせはこちら

CONTACT


Ad Arch株式会社とは

映像制作×広告プロデュース会社です。映像制作の第一線で活躍するスタッフがこだわりを持って映像/動画を制作。多言語対応のスタッフが感性だけではなく、WEB広告展開による動画ABテストデータに裏付けされた最善の映像コンテンツをご提供いたします。

Ad Arch株式会社 会社概要

社名   :Ad Arch株式会社(読み:アドアーチ)
本社   :東京都港区南青山2-15-5 FARO1階
代表者  :代表取締役 白川裕喜
設立   :2016年1月
事業内容 :映像制作・動画マーケティング事業

お問い合わせ先

Ad Arch株式会社

Tel:0120-727-460
Mail: info@adarch.co.jp

 

参考:

※1:https://smartphone.r25.jp/news/126313