独特のおもしろい世界観が記憶に残る。国内外の逆再生動画事例


現実世界ではありえない世界観をつくる逆再生動画。撮影した映像の時間の流れを逆に再生する、CM、やYouTubeなどで人気の映像技法です。この記事では、逆再生動画の効果や、逆再生動画事例を紹介します。

 

逆再生動画の特徴とは?

逆再生動画とは、撮影された映像の時間の流れを逆にすることで、現実にはありえない映像を作る撮影技法のことです。時間の流れを変化させることで、映像に驚きやアクセントを加えます。

普通の動画とは異なる時間の流れから生まれる違和感が、視聴者の目を引きつけます。

 

逆再生動画がむいている撮影テーマ

逆再生動画は、どのような撮影に向いているのでしょうか?まず、被写体に一連の動きと変化があることが大前提です。この動きがダイナミックであればあるほど、逆再生動画のおもしろさも増していきます。液体がこぼれたり、物が壊れたりする逆再生動画は、このタイプです。

ほかによく見られるのが、「タネあかし」として逆再生動画を使用する手法です。結末を最初に見せて、その後にその過程を逆再生で見せていきます。このタイプは、結末と過程のギャップが大きいほど、視聴者に強いインパクトを残します。

 

それでは、国内外の逆再生動画の事例を見てみましょう。

 

1.ヒートアップする選挙戦に合わせて制作された動画。Audi

ドナルド・トランプ氏とヒラリー・クリントン氏の対決が注目を集めた2016年アメリカ合衆国大統領選挙。そのテレビ討論会に合わせて発表されたのがこちらの動画です。パーティーホールでボロボロになった男女が、何かを争っているシーンから始まります。

2人の戦いの過程が逆再生動画で映し出されると、奪い合っていたものも明らかに。2人が争っていたのは、Audiを運転する権利だったんですね。壊れたものが戻っていくのは、逆再生動画ならではの映像です。「次のドライバーは、賢く選ぼう」という字幕を、今の米国民はどう思うのでしょう?

 

 

2.メンズモデルのメイクの秘密。Dermablend

“How do you judge a book?” = 「どうやって人の中身を判断する?」というタイトルの、化粧品ブランドの動画です。椅子に座った男性モデルが胸をこすると、不思議な模様が浮かび上がります。一体これは何なのでしょうか?

そのタネあかしは、動画の後半に。彼は、「ゾンビボーイ」という通称で知られる、全身にタトゥーを入れた有名モデルなんです。メイクをした方が素顔が分かる、強烈な違和感を放つ動画です。before, afterに意外性があるほど、逆再生動画は魅力的になります。

 

 

3.アートを創り出す掃除機?Electrolux

こちらも、逆再生動画をタネあかしとして使った動画です。展示されているカラフルな石を掃除機にセットすると、先端から美しい砂が噴出。繊細な模様が掃除機で描かれていきます。

実は、こちらは砂絵を掃除機で吸引するようすを逆再生したもの。美術品のような石は、掃除機内で圧縮された砂だったんです。吸うための機械である掃除機で、何かを描き出す。その逆転が、視聴者に驚きを生みます。

 

 

4.スタイリッシュな2人が出会うまで。Phillip Lim

NYのファッションブランドPhillip Limが、アメリカの有名ディスカウントストアTargetとのコラボレーションのために制作した逆再生動画です。

リーズナブルなコレクションらしさを示す普段の街角で、脱ぐ→見せる→着るという通常とは逆の流れで、アイテムが紹介されていきます。もし逆再生でなかったら、シンプルな服なので、あまり服に注意がいかなかったかもしれません。逆再生することで、本来の主役である服を際立たせることに成功しています。

 

 

5.ワンカットダンス動画を計算しつくした逆再生で。JAL

逆再生したときのおもしろさを考えながら、撮り直しのきかないワンカット撮影で制作した、JALのミュージカル風のプロモーション動画です。

海外でも活躍するパフォーマーがそろっていますが、監督・出演者ともに、普段は正解ではない動きが正解になる逆再生動画に相当苦戦したそうです。物を出したいときはひっこめて、落としたいときは持ち上げて・・・想像しただけで混乱してしまいますね。撮影の裏側を公開した動画も、必見です。

 

 

さいごに。逆再生動画のありえない世界観で、視聴者の記憶に残る動画を

逆再生ならではの世界観が魅力的な動画ばかりでしたね。普通の動画も、時間の流れを逆にするだけで、思いがけずおもしろい動画になる可能性を秘めています。

弊社ではクライアントの皆さまの個性を引き出し、視聴者に強い印象を残す映像制作を得意としております。ぜひ一度お問合せください。

 

 

 


お問い合わせはこちら

CONTACT


Ad Arch株式会社とは

映像制作×広告プロデュース会社です。映像制作の第一線で活躍するスタッフがこだわりを持って映像/動画を制作。多言語対応のスタッフが感性だけではなく、WEB広告展開による動画ABテストデータに裏付けされた最善の映像コンテンツをご提供いたします。

 

Ad Arch株式会社 会社概要

社名   :Ad Arch株式会社(読み:アドアーチ)
本社   :東京都港区南青山2-15-5 FARO1階
代表者  :代表取締役 白川裕喜
設立   :2016年1月
事業内容 :映像制作・動画マーケティング事業

 

お問い合わせ先

Ad Arch株式会社

Tel:0120-727-460
Mail: info@adarch.co.jp