BtoBだからこそ動画広告の活用が必須!BtoB企業での動画広告活用の重要性


昨今マーケティングの重要ツールとして動画広告が利用されていますが、国内ではBtoCマーケットの占めるシェアが大きく、BtoB企業が遅れをとっています。

顧客の属性が明確で、細分化されているBtoB企業だからこそ動画広告の利用価値が高いという事はご存知でしょうか?

今回はBtoB企業が動画広告を活用する事のメリットと重要性についてご紹介します。

 

動画広告ってなんだっけ?

最初に動画広告とは?という点に触れておきたいと思います。

動画広告とは動画を活用したプロモーション手法を指しますが、従来の主流であったバナー広告と比較すると効果測定がしやすく費用対効果の高い運用ができる他、SNSを使ってのプロモーションとなる為、詳細な属性ごとにアプローチする事ができます。

その結果CVRが高くなる効果的な手法として幅広く活用されるマーケティングツールです。

 

動画コンテンツを利用した情報収集は一般消費者に限った事ではない!

一般消費者向けのマーケティング手法は年々進化しており、SNSを利用し年齢や性別だけではなく、利用履歴から得られた思考性を考慮したアプローチができるなど活用の幅は広がっています。

しかし、BtoB企業ではダイレクトメールや電話での手法が未だに主流となっており、BtoC企業と比較するとかなり遅れをとっている状態になっています。

ここで忘れてはいけないのが「動画コンテンツを利用した情報収集は一般消費者に限った事ではない」という点です。

ビジネスの場でもWebを使った情報収集は行われており、時には動画を参考にするという事は一般的に行われてます。

このようにBtoB企業のプロモーション活動において、動画広告を使ったプロモーションを行う事は価値のある、重要な手法であると言えます。

 

BtoB企業の動画広告の活用事例

web video marketing councilの調査によると、アメリカではBtoB企業の96%が動画を使ったマーケティングを行っており、73%が良い効果を得られたと回答しています。

つまり、今後の日本でもBtoB企業が動画広告を活用していく事は大変重要であると言えます。

ここで成功事例を幾つか紹介します。

 

事例1 自社製品の使い方を動画で紹介する事によって導入後のメリットをイメージさせる

インターネット関連サービスを展開するGoogle社では、インターネット分析ツール「Google Adwords」の使い方や、導入によって得られるメリット・事例を動画で配信しています。その結果、サービスの特徴、使用後のメリットを短時間で伝え、利用率の向上に成功しています。

 

事例2 自社の強みをダイレクトに伝える

営業ツールを展開するSanSan社では名刺を共有するツールを導入することによってどんな世界観の実現ができるかという内容を興味深い、コミカルな動画にすることによってメリット、強みをダイレクトに伝えることに成功しています。そもそも、名刺を共有するという発想が無い層に対してニーズの顕在化を実現しており、新規顧客の獲得に成功しています。

導入は企業として行う反面、名刺を交換するのはパーソナルな側面があるため、実際に使用する社員に親しみを覚えて貰いやすい、コミカルで親近感のあるテイストに落とし込んでいます。

 

事例3 継続的なコンテンツを配信する事で継続的な顧客接点を作り続ける

建設現場で見かけるショベルやトラックなどの建設機械を提供するCaterpillar社。一般に道路で使用する機械ではないため、一見YouTube動画とはかけ離れていそうな企業ですが、平均週に1回ペースでユニークな動画をアップしています。YouTubeチャンネル登録者数は9.8万人。業種を見ても、おそらくB to B取引に繋がるファンを多数獲得しています。

 

このように、様々な業界においてBtoB企業の動画広告の活用事例は、実は多数存在しているのです。

 

 

さいごに。マーケットが成熟していない今だからこそBtoB動画広告の導入を!

今回はBtoB企業が動画広告を活用するべき理由についてご紹介しました。

動画広告は自社のブランディングだけではなく、ニーズの顕在化がされていないターゲットに対してもアプローチする事ができる他、継続的なフォローにも役立てる事ができます。

長期継続契約や大口契約など、広告効果の高いBtoB動画広告を検討される際は、是非ご相談下さい。

 

 


お問い合わせはこちら

CONTACT


Ad Arch株式会社とは

映像制作×広告プロデュース会社です。映像制作の第一線で活躍するスタッフがこだわりを持って映像/動画を制作。多言語対応のスタッフが感性だけではなく、WEB広告展開による動画ABテストデータに裏付けされた最善の映像コンテンツをご提供いたします。

 

Ad Arch株式会社 会社概要

社名   :Ad Arch株式会社(読み:アドアーチ)
本社   :東京都港区南青山2-15-5 FARO1階
代表者  :代表取締役 白川裕喜
設立   :2016年1月
事業内容 :映像制作・動画マーケティング事業

 

お問い合わせ先

Ad Arch株式会社

Tel:0120-727-460
Mail: info@adarch.co.jp