映像と現実世界がコラボ。美しいプロジェクションマッピング事例


AdArch アドアーチ

東京駅の丸の内駅舎で実施されたイベントで一気に知名度が上がったプロジェクションマッピング。皆さんもお出かけ先で一度は見かけたことがあるのではないでしょうか?

この記事では、プロジェクションマッピングに関する基礎知識と、国内外のプロジェクションマッピング事例を紹介しています。

 

そもそも、プロジェクションマッピングとは何か?

観光地、コンサート、イベント会場などで人気のプロジェクションマッピング。「え?こんなところにも?」と驚くような場所でも行われるようになっていますよね。

 

プロジェクションマッピングと聞くと、建物に大きい映像が写しだされたものを頭に浮かびますが、そもそもプロジェクションマッピングとは、何でしょうか?スクリーンにパワーポイントを映したり、(少し古いですが)映写機でスクリーンに映画を映したりするのと、プロジェクションマッピングは何が違うのでしょうか?

 

プロジェクションマッピングの3つの特徴

プロジェクションマッピングの特徴としては、以下の3つが挙げられます。これを見れば、プロジェクションマッピングが前に挙げた、シンプルな投影とは一線を画すものであることが分かりますね。

 

  1. 映像を平面ではなく、立体物や凹凸のあるものに投影する
  2. 映像の動きや変化により、スクリーンとなる対象が動いたり光ったりするかのような錯視効果を持つ
  3. 現実世界とバーチャルが融合することで、魅力的な世界観を作り出す※1

 

プロジェクションマッピングの「マッピング」とは、「何かと何かを関連付ける」という意味を持つ言葉です。ただ映像をスクリーンに映すだけでは、映像とスクリーンの関連付けが何もないため、プロジェクションマッピングとは言えません。スクリーンとなる対象物と、制作した映像がしっかりと対応し、2つが1つとなって新しい世界観を提示することができて始めて、プロジェクションマッピングと言えます。

 

それでは、国内外のプロジェクションマッピング事例を4つ紹介します。

映像表現と現実世界のコラボレーションによって生まれる新しい世界を観てみましょう。

 

 1.あなたの手で東京をデザイン。森ビル「TOKYO CITY SYMPHONY」

東京の街を上空から映した映像・・・ではなく、東京の街並みを再現した1000分の1サイズの模型です。こちらは六本木ヒルズ10周年を記念して作成されたWEBサイトで、ユーザーはキーボードをタッチして、3種類のプロジェクションマッピングを街に投影することができます。

まるで街全体が動いているような映像は、一見の価値ありですよ!「都市づくり」を目ざす森ビルらしいの作品です。

 

2.歴史ある建物がおとぎの世界に早変わり。H&M

ファストファッションブランドH&Mが、アムステルダムで実施したプロジェクションマッピングです。映し出された赤いリボンがほどけると、ショップが入っている歴史あるビルが、ドールハウスへと大変身!

 

背景のビルとぴったりと合った映像を見ていると、本当に窓が動いていたり、ビルの素材が変化したりしているように見えてきます。プロジェクションマッピングの特徴である、「スクリーンとの一体感から生まれる錯視効果」がよく分りますね。

 

3.大迫力!世界大会優勝作品

こちらは、プロジェクションマッピングを始めとする3Dマッピングの国際大会iMapp Bucharestの2016年の優勝作品です。世界トップレベルのプロジェクションマッピングは、まさに芸術!

 

ルーマニアの首都ブカレストにある「国民の館」という歴史的建造物に投影されたこの作品は、論理と感情、ミクロとマクロ・・・あらゆるものの「つながり」がテーマ。大迫力の映像を見ていると、まるで別世界にいるような錯覚に陥ります。

 

 

4.二度楽しめるウェディングケーキ

プロジェクションマッピングの舞台は大きな建物だけではありません。イギリスのLuma Bakeryはプロジェクションケーキマッピングの専門店。二人の門出を祝うウェディングケーキに、美しい映像と共に、直筆メッセージや写真などのオリジナルな映像が映し出されます。

 

このケーキ、実はきちんと食べられるそうです。表面をホワイトのアイシングで覆って、スクリーンにする場合が多いそうですよ。実際に制作にはパティシエも参加しています。見ても食べても楽しめる未来のウェディングケーキですね。

 

 

さいごに。プロジェクションマッピングを活用しよう!

いかがでしたが?プロジェクションマッピングは、アイディア次第でさまざまな活用が期待できる映像表現です。

大きな建物を使って、大勢の観客を集めて行うもの・・・というイメージを一度捨て去って、御社のビジネスに活かしてみませんか?

プロジェクションマッピングの実施をお考えの方は、ぜひ一度お問合せください。

 


お問い合わせはこちら

CONTACT


Ad Arch株式会社とは

映像制作×広告プロデュース会社です。映像制作の第一線で活躍するスタッフがこだわりを持って映像/動画を制作。多言語対応のスタッフが感性だけではなく、WEB広告展開による動画ABテストデータに裏付けされた最善の映像コンテンツをご提供いたします。

 

Ad Arch株式会社 会社概要

社名   :Ad Arch株式会社(読み:アドアーチ)
本社   :東京都港区南青山2-15-5 FARO1階
代表者  :代表取締役 白川裕喜
設立   :2016年1月
事業内容 :映像制作・動画マーケティング事業

 

お問い合わせ先

Ad Arch株式会社

Tel:0120-727-460
Mail: info@adarch.co.jp

 

参考:

一般財団法人プロジェクションマッピング協会HP

https://www.projection-mapping.jp/?page_id=948