一瞬のできごとを何倍も楽しく。スローモーションで撮影した動画事例


撮影した映像をゆっくりと再生することで、面白い効果を生みだすスローモーション。映像に緩急をつけ、肉眼ではとらえきれない世界を映し出す、CMや動画で人気の撮影手法です。この記事では、スローモーションの撮影方法の説明や、実際にスローモーション映像を使用した動画事例を紹介しています。

 

スローモーション(スーパースロー)とは?どのように撮影するの?

携帯電話やビデオカメラにも撮影機能が搭載されたり、テレビ番組でも頻繁に見かけたりと、私たちにとってスローモーションはとても身近な撮影技法です。では、スローモーション映像がどのような仕組みで撮影されているかをご存じですか?一度おさらいしてみましょう。

 

通常、ビデオカメラでは1秒間に30枚、映画では1秒間に24枚の撮影をおこなっています。この映像をスロー再生しても、ぎこちない動きにしかなりません。この一秒間あたりの撮影枚数を増やしていくと、スロー再生した際の映像は鮮明になり、瞬間的な画像を何秒にも渡る映像として楽しむことができるのです。

 

撮影速度はfps(frame per second)という単位で表され、技術の発達により一秒間に何十・何百万枚のコマを撮影することが可能になってきています。こういった撮影に使用されるカメラをハイスピードカメラ、スーパースローカメラと呼んでいます。

 

スローモーション映像の魅力とは?

スローモーションの魅力とは、私たちの目では細部まで見られないような一瞬の出来事を、長い時間へと変化させて見せることで、新しい見え方を提案できることにあります。「たった一瞬の間に、こんなことが起きているんだ!」という驚きが、映像のおもしろさを何倍にも大きくします。

動画全体をスローモーションで撮影するだけでなく、動画の一部だけをスローモーション映像にして、映像の流れにアクセントを加えるのもおすすめの撮影方法です。

それでは、早速スローモーション映像を使用した動画事例を見てみましょう!

 

1.美しいウェブサイトをイメージさせるスーパースロー。Squarespace

スーパースローと逆再生という2つの技術を組み合わせた、ウェブサイトビルダーサービスを紹介するSquarespaceの動画です。フルーツ、花、ワインが飛んでいくようすがスーパースロー映像で逆再生され、テーブルに集まっていきます。普段は見られない美しい映像に、思わず目が奪われてしまいます。

レストランのCMと間違えてしまいそうな美しさですが、そこに込められているのは、「美しいウェブサイトは、ただ情報を集めるだけでは作れない。」というメッセージ。「このサービスを利用すれば、おしゃれなウェブサイトが作れそう!」と視聴者に思わせる映像です。スーパースローならではの世界観ですね。

 

2.3秒間の落下中に製品の魅力を伝えきる。Motorola

通信事業会社モトローラが、新しい携帯電話のプロモーションのために制作した動画です。セットの中を落下していく携帯電話をハイスピードカメラで撮影し、そのようすをスーパースローモーションで再生しています。

落下時間はほんの3秒足らずですが、その間に、「傷が付きづらいスクリーン」「最新OSへのアップデート」などの製品の特徴が、5つしっかりと紹介されています。それぞれの特徴に合わせたセットもとてもおしゃれですね。最後にセット全体を見せることで、今の映像が落下中の一瞬のできごとだったことを伝えています。

 

3.Golfが駆け抜ける世界では何が起きている?VW Golf

フォルクスワーゲンが、新型Golfのプロモーションのために制作した動画です。まずはこちらのティザー広告を見てみましょう。

たった3秒間で終わってしまうこちらの動画は、100メートルのセットの横を走り抜けるGolfから撮影した映像です。この映像の最後に表示されるウェブサイトを訪れると、この3秒間をスローモーションにした映像を見ることができます。

 

たった3秒間の間に、喧嘩するカップルや、女性、宙づりでパフォーマンスをする人など、さまざまなものが映し出されていたことが分かります。「3秒間もあれば、ゴルフには十分!」というメッセージを体現した、スローモーションのおもしろさを活かした、巧みなプロモーションキャンペーンです。

 

さいごに。スーパースローモーションで、視聴者を飽きさせない動画づくりを

いかがでしたか?肉眼ではとらえきれない一瞬のできごとも、スーパースローモーション映像ではそのようすを細部まで見ることができ、おもしろさが倍増します。スーパースロー映像を一部分に使うだけでも、メリハリの効いた、視聴者を退屈させない動画になります。ご興味をお持ちの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

 

 


お問い合わせはこちら

CONTACT


Ad Arch株式会社とは

映像制作×広告プロデュース会社です。映像制作の第一線で活躍するスタッフがこだわりを持って映像/動画を制作。多言語対応のスタッフが感性だけではなく、WEB広告展開による動画ABテストデータに裏付けされた最善の映像コンテンツをご提供いたします。

 

Ad Arch株式会社 会社概要

社名   :Ad Arch株式会社(読み:アドアーチ)
本社   :東京都港区南青山2-15-5 FARO1階
代表者  :代表取締役 白川裕喜
設立   :2016年1月
事業内容 :映像制作・動画マーケティング事業

 

お問い合わせ先

Ad Arch株式会社

Tel:0120-727-460
Mail: info@adarch.co.jp