6秒以内の勝負!バンパー広告まとめ


YouTubeの最近の広告が変わりつつあることに、あなたは気づいているでしょうか?よく考えると、スキップできる広告とスキップできない広告の2つが存在しているのです。

この記事では、そんな広告のなかで「バンパー広告」と呼ばれる、スキップできない6秒動画について実例を交えて解説していきます。

 

動画広告(バンパー広告)とは?従来の広告よりも、視聴者の心に届きやすい!

YouTubeで再生される6秒の広告動画「バンパー広告」とは、本来再生したい動画の前に再生される、スキップ不可能な広告のこと。

自分で選択いて閲覧するweb媒体において、強制的に見せるという広告は嫌悪感を抱かせてしまい、非常に難しい広告といわれてきました。

そんな中で登場した「6秒間で魅せる動画」。これがバンパー広告です。

スキップができないため、視線が広告に注目されます。そのため、従来の広告動画をバンパー広告に変えたところ、動画からの収益がおよそ2倍という効果があったという企業もあるそうです。

 

魅せる広告動画「バンパー広告」の重要性

YouTubeの人気度増加に伴い、発展してきたバンパー広告。確実に見せるという広告方法は、TVCMと同じような立ち位置にあります。

一般的には「6秒という短い時間で、一体何を伝えられるの?」と疑問に思いますが、要点を絞れば6秒あれば伝えることができるのです。

 

但し、強制的に見せるバンパー広告。

バンパー動画広告はスキップできなくても邪険にされず、企業側の伝えたいメッセージを届ける最適な秒数として研究された6秒で、バンパー広告を成立させなければなりません。

視聴者の心に刺さったり、印象に残るような話題性を短時間で確保するというプラスαのクリエイティブを意識することが必須となっています。

たった6秒の動画でも、最大限に魅せるCMを制作し、視聴者からの関心や注目を集めることがバンパー広告の着地点です。

 

 

たったの6秒で「伝わる」、見本にしたい有名なバンパー広告3選

もはや、広告紛争が起きそうなほど多く存在するバンパー広告の中で、効果があった(人気がでた)バンパー広告を3種類紹介します。

 

 

1.誰もが可愛さを感じる少年を起用したバンパー広告 Audi

 

こちらはAudiのバンパー広告。子供がジャンプすると同時に、飛躍するという意味の「Quantensprung」というドイツ語が表示されます。そして車が走行した後、Qがあるところに道はあるという意味の「Wo ein Q ist, ist auch ein Weg. 」が表示されます。

強制的に見せる広告動画として、好印象な子供は有効です。

子供、そして車、最終的なメッセージと3部構成で制作されたこのバンパー広告は、実は45秒程度の動画です。

頭文字にQとつく単語を共通として、いくつかの動画に分けることで、より強いメッセージを視聴者に与えているそうです。

 

 

2.主張しすぎない!心理戦のバンパー広告 マウスコンピューター

 

こちらは、乃木坂46というアイドルグループの西野七瀬さんが出演している広告です。マウスコンピューターのテーマカラーである黄色を背景として、印象の強い広告に仕上がっています。

西野七瀬さんが動かず、マウスコンピューターのロゴが近づいてくるという演出もポイント。動くものに視界を集めやすいといった、人間の心理を上手く利用した広告です。

最後の「マウス」という言葉を発言するのも西野七瀬さんではなく、男性の声。その違和感で、この広告がさらに印象強く残るよう工夫されています。

このバンパー広告は、心理作戦を駆使した6秒間となっています。

 

 

3.動画視聴中、ほっと一息。 PG tips Green Tea

こちらは、シンプルに人形が登場し、グリーンティの味を確かめる動画です。

強制的に視聴に導くバンパー広告において、ほっと安らぐキャラクターは安心感があります。

コメントも最小にとどめており、グリーンティの感想も「(心地よい)うーん」と優しい訴求となっています。

 

 

さいごに。6秒で勝負。厳しいバンパー広告の世界で生き残るには

じつは動画制作の際に、伝えたいメッセージが多すぎて「あれもこれも」と詰め込んでしまうことはよくあることです。

そのため、表現するのには長い尺が必要になってしまうことも多いはず。

ですが昨今ではバンパー広告のように、短い時間の中にどれほどの強いメッセージを残せるのかが最重要視されています。伝えたいことは1つに絞ることが大切です。

弊社では動画SEOも考慮した、動画制作を承っております。6秒という短い世界での勝負を検討される際は、是非ご相談下さい。

 

 

 


お問い合わせはこちら

CONTACT


Ad Arch株式会社とは

映像制作×広告プロデュース会社です。映像制作の第一線で活躍するスタッフがこだわりを持って映像/動画を制作。多言語対応のスタッフが感性だけではなく、WEB広告展開による動画ABテストデータに裏付けされた最善の映像コンテンツをご提供いたします。

 

Ad Arch株式会社 会社概要

社名   :Ad Arch株式会社(読み:アドアーチ)
本社   :東京都港区南青山2-15-5 FARO1階
代表者  :代表取締役 白川裕喜
設立   :2016年1月
事業内容 :映像制作・動画マーケティング事業

 

お問い合わせ先

Ad Arch株式会社

Tel:0120-727-460
Mail: info@adarch.co.jp