アニメーションを活用した動画広告のメリットとは?実例紹介も


近年、動画業界とともに注目され続けているアニメーション動画。

そんなアニメーション動画の広告について、ご紹介します。

 

はじめに。アニメーションを活用した動画広告が増加している理由とは?

近年、アニメーションを活用した動画広告が増加しています。

かつてTVCMが動画広告のメインであった時代、アニメーション広告はインパクトに欠け、あまり活躍の場がありませんでした。

動画の主戦場がWEBへと移行しつつある昨今では、WEB媒体上で親和性の高いアニメーション表現が選択され始めています。

 

インパクト重視から親和性重視へ

テレビCMが動画広告のメインだった時代、重要な表現方法の一つは短時間で視聴者の記憶に残すための”インパクト”でした。(もちろん今の動画業界でもインパクトは必要な要素ですが)

そうしたインパクトの面で見ると、アニメーション広告は、大規模なCGやド派手な実写・有名人の出演などと比べ、インパクトに欠け、活躍の場が限られていました。

 

テレビCMからWebへと動画の主戦場へと変化する現在、多言語対応や静止画としても分かりやすい(理解しやすい)アニメーションはWEB媒体との親和性に優れています。

WEB上での動画視聴の大半が音無しで視聴されていることを背景に、”(音無しで)画を見るだけで内容を把握できること”や、好きな物事を自ら検索して情報を得るWEBにおいて”主張しすぎない(インパクトが強すぎない)こと”が新たなメリットとして生まれてきました。

このような理由から、アニメーションを活用した動画広告が見直され始めているのです。

 

アニメーションを活用した動画広告のメリットとは?

では、アニメーションを活用した動画広告のメリットは何でしょうか。

今回は3つのメリットを紹介します。

 

1.実写と比べ、情報量を最適化することができる

動画における情報量は、文字や写真などと比べ、非常に多いと言われています。

そのため短時間で最も伝えたい内容を伝えるためには、多くの人が伝えたいことに気付くことが出来るよう”最適化”することが重要です。

アニメーションは必要だと思われる情報だけを画面内に収め、情報量を最適化した表現をすることが可能です。

 

2.多言語展開が容易

WEBは世界中どこからでもアクセスをすることができます。

近年の動画制作では、日本人だけではなく欧米中など様々な国を対象とした制作を行うことが増えています。

実写では出演者の口元は主要言語で表現され、言語展開の際は”吹き替え”もしくは”字幕”という方法となりますが、アニメーションでは世界中どの国に対してもナレーションを適合させることが可能です。

画はそのままで、ナレーションを変更するだけで世界中の視聴者へと伝わる動画へと様変わりします。

 

3.実写よりも身近に、愛着をわかせることができる

動画広告を購買アクションに繋げる場合、”身近に感じる”や”愛着がわく”などの要素は非常に重要です。

イラストの好き嫌いについては考慮する必要がありますが、アニメーションは実写よりも印象操作が容易です。

スタイリッシュさを演出することも、愛くるしいキャラクターが訴えかけることも、制作者の腕次第で操作することができるのです。

 

 

アニメーションを活用した動画広告3選

ではアニメーションを活用した動画広告にはどのようなものはあるのでしょうか。

今回はアニメーションを活用した動画広告をテイスト別に3種類ご紹介します。

 

1.インフォグラフィック動画

こちらはいいデータの紹介動画。難しい内容を簡略化できると最近注目されている、インフォグラフィック動画。

グラフや数値も視覚や聴覚から取り入れることで理解しやすく、記憶にも残りやすいのが特徴的です。

具体的に表示できることで、サービス利用に繋がりやすいアニメーション広告となっています。

 

2.実写素材を使用したアニメーション動画

こちらはシカゴにある学校の広告動画です。実写の素材をアニメーション化した動画です。

通常の実写表現の場合、出演者が何かしらの動きをする必要がありますが、それでは短時間の中で伝えたい内容が言い切れません。

塩を振る、包丁でナッツを切る、仕上げにグリーンを乗せるなど、印象的な動きだけを生かし、その他の情報量を最適化した動画広告となっています。

 

3.アニメキャラを利用した、娯楽的アニメーション動画

こちらはメッツコーラの広告です。

あしたのジョーを起用し、あしたのジョーの世界感でメッツコーラを紹介しています。

アニメ文化が盛んな日本において、違和感なくスッと見れる動画広告となっています。

 

 

さいごに。アニメーションを活用した動画広告の制作実情

今回はアニメーションを活用した動画広告について紹介しました。

近年アニメーション活用の動画広告が増えている一方で、日本国内にアニメーション動画を制作できるクリエイターがあまりいません。

日本には独自のアニメーション文化があり、クオリティの高い多くのクリエイターが、娯楽のアニメ制作の道へと進むため、広告業界のアニメ人材は少ないのです。

 

弊社では、動画制作のノウハウやコネクションを活かし、自社制作に加え、国内・国外のアニメーターと連動したアニメーション制作も行っております。

アニメーションの動画広告をご検討の際は、ぜひ当社へご相談ください。

 

 

 

 


お問い合わせはこちら

CONTACT


Ad Arch株式会社とは

映像制作×広告プロデュース会社です。映像制作の第一線で活躍するスタッフがこだわりを持って映像/動画を制作。多言語対応のスタッフが感性だけではなく、WEB広告展開による動画ABテストデータに裏付けされた最善の映像コンテンツをご提供いたします。

 

Ad Arch株式会社 会社概要

社名   :Ad Arch株式会社(読み:アドアーチ)
本社   :東京都港区南青山2-15-5 FARO1階
代表者  :代表取締役 白川裕喜
設立   :2016年1月
事業内容 :映像制作・動画マーケティング事業

 

お問い合わせ先

Ad Arch株式会社

Tel:0120-727-460
Mail: info@adarch.co.jp