必要不可欠なマーケティングツール!企業のYouTube動画活用


どの業界の企業においてもYouTubeの動画を活用したブランディングやプロモーションは、自社をアピールする手段の一つとしてもはや当たり前のこととなっています。

文字では伝わりにくいことを、動画によって視聴者の視覚と聴覚に訴えかける方法は、より視聴者の興味を引きやすくなるだけではなく、より的確に自社のイメージを伝えることができるようになります。特に、企業理念や形で表すことができないサービスなどの抽象的内容を、わかりやすく具体的に伝えることができるのは、動画ならではの利点であることは間違いありません。また、スマートフォンなどで動画へのアクセスが身近で気軽になったことで、今までには届くことがなかった新たな顧客層にも自社について知ってもらう機会が増える可能性があります。以下では、企業の動画活用の利点を、具体例を挙げながら紐解いていきたいと思います。

 

企業の動画活用の3つの利点

1. 表現の仕方は工夫次第。どんなことでも伝えられる

情報を目からも耳からも同時に伝えることができる動画は、多くの情報量を短い時間の中に収めることができ、効率的な情報伝達が可能になります。企業のイメージやビジョンを、映像、メッセージ、音と共に丁寧に伝えることができるので、文章では伝えにくい内容を視聴者に向けて様々な方法で届けることができるだけではなく、視聴者の記憶にも残りやすくなります。また、動画の持つ潜在性によって、工夫次第で他にはないオリジナリティを持たせることができます。

 

2. 抽象的な内容を具体的に伝えることができる

動画による情報伝達は、企業理念や価値観など抽象的で掴みにくい内容を、具体化して表現することができます。特に、知識、情報、技術など無形商材を提供する企業にとっては、動画によるプロモーションは必須のマーケティングツールと言えます。また、企業の想いを的確に伝えることで理解と共感を生み出し、顧客のエンゲージメントがより高くなるでしょう。さらには自社をアピールする動画によってブランディング構築につながっていきます。情報をダイレクトに伝えられるためには、動画ほど有効な手段はありません。

 

3. SNS領域における動画マーケティングで新規顧客を獲得

YouTubeによる動画はSNSとの親和性も高く、今まで届きにくかった潜在的な見込み客へ近づく可能性が生まれます。企業の商品やサービス、その背景にある理念やCSRへの取り組みなどの理解が深まれば、積極的に企業と関わる顧客も増え、企業の動画が自ずと拡散されていくでしょう。動画は伝達力に加え拡散力もあり、さらには顧客とのコミュニケーション手段にもなり、CRMにも効果的に活用できるでしょう。

 

動画は企業にとって必要不可欠なマーケティングツールであることをお分かりいただけたでしょうか?以下では実際の企業紹介動画を見ていきたいと思います。

 

 

1. 本田技研工業株式会社 (Honda)

 

2分30秒の会社紹介動画の中で、企業の歴史、技術、事業内容を理解することができます。また、本田の揺るぎない技術力は、何度も失敗を繰り返し培ってきたエンジニア達の努力の結晶であることが共感を呼ぶ内容です。グローバルに展開している企業ですが、世界中にいる社員1人1人が共通の企業理念を持って日々の仕事に従事していることがわかります。

 

 

2. 三井住友海上

 

歴史が古く早期から海外企業との経営統合などでグローバル展開した企業の器の大きさから始まり、社会の安心と安全を構築するために企業が個人にできることを一つ一つ丁寧に説明しています。また、グローバル企業としてのSDGsの実践、CSRへの取り組みなど、社会的責任を担う企業の活動をわかりやすく紹介しています。

 

3. 株式会社チチカカ

発展途上国の貧困と伝統工芸の維持に向き合うソーシャルビジネスによって社会問題の解決を図る取り組みを紹介しています。チチカカの製品の生産者の実情と実際の声を動画で知ることによって、視聴者は自然と問題意識を抱くようになります。世界をより良い場所にするという確固たる覚悟を感じる動画作りになっています。

 

さいごに。

アドアーチでは、ブランディングを大切に考える動画広告業界でつちかった動画制作ノウハウをYouTubeへも転用できるようなサービスを運用しています。

ぜひお問い合わせください。


お問い合わせはこちら

CONTACT