空気感を伝える!移住者を呼び込むP R動画


地方暮らしに憧れを持って移住を考えている人にとって移住先のP R動画と言うのはその土地の雰囲気や空気感を探る大事なツールの一つと言えます。

自然に囲まれてのんびり暮らすだけではない、その土地の魅力がギュッと詰まったP R動画を3つご紹介します。

 

はじめに 地方P R動画の役割とは

移住を考えている人にとって、やはり悩みとなるのは移住先での仕事や支援のあり方、そして移住先の空気感。

移住者募集P R動画はその土地の人々の暮らしにもっと特化したもの、そのリアルを伝えることが一番の目的になります。

動画を活用したPRでは、素敵な暮らしや丁寧な暮らしといったプラスの部分はもちろんのこと、そことは違ったギャップや移住した人たちの想いをその場所の空気感と共に伝えることができます。今回は地方移住に向けたPRをご紹介します。

 

村人がオリジナル曲の歌詞を考え、空気感を伝えた。群馬県高山村(弊社制作)

群馬県高山村のPR動画。「何もないけど、何かある。」高山村の魅力を、1年を通して撮影しました。

動画のキーになっている楽曲は、村人が高山村の良い所・高山村への想いを出し合い、歌詞化。CM作曲などで活躍中の森 いづみさん、シンガーのJun Futamataさんと共にオーケストラチームで収録しました。

楽曲は村のテーマソングにもなり、夏祭りのトリに歌われています。

 

 

インタビュー動画を目次のように、秋田県

秋田移住者へのPR動画、シリーズ物の一作目で、秋田県出身の柳葉敏郎さんが歌で秋田をPRする動画。

柳葉さんの歌と今後シリーズに出てくる生産者の方々の顔が見られる目次のような作りで、他のインタビュー動画も見たいと思わせてくれるものだと感じます。他のインタビュー動画も一問一答のような形でとてもわかりやすい作りとなっており、視聴欲をかきたてられます。

 

 

価値観の相違を面白く、高知県

こうち二段階移住PR として、 #田舎暮らしは甘くない と言うハッシュタグと、互いを宇宙人と例えたストーリーにインパクトを感じるPR動画。

“移住するまで”と“移住してから”のイメージのギャップに苦しむ移住者を田舎暮らしのリアルとして紹介し、「移住に失敗して欲しくない」高知県民の気持ちが伺え愛を感じるものに仕上がっています。

 

 

さいごに。動画で住民のリアルを伝えよう

土地には、各地の文化や風習など多くのオリジナリティがあります。一方で、そのオリジナリティは言葉では説明しにくく、空気感が重要となります。

移住を考えている人の多くは、自然豊かなのんびりした「田舎暮らし」「丁寧な暮らし」などに魅力を感じているのだと思います。一方で、文化や風習・空気感が合わず移住に失敗するケースも増加しています。
受け入れる土地、移住希望の人、双方の幸せを考えた際、空気感を伝える動画を活用したPRは有効であると感じます。

アドアーチでは、このような「魅力」と「リアル」を感じられる動画を企画から制作・発信まで一貫したサポートで一緒に制作していくことが可能です。ぜひ一度お問い合わせください。

 


お問い合わせはこちら

CONTACT